人気ブログランキング |

日々の生活の中に「プチ幸せ」を感じて♪
by hibikorekouji2-2
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体



未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
最新のコメント
shizenkazeさん..
by hibikorekouji2-2 at 19:08
rollingwestさ..
by hibikorekouji2-2 at 19:05
滝散策は楽しかったでしょ..
by shizenkaze at 23:40
清流・四万十川・仁淀川に..
by rollingwest at 07:24
yuki_triumph..
by hibikorekouji2-2 at 23:51
rollingwestさ..
by hibikorekouji2-2 at 23:44
日本一、登頂おめでとうご..
by yuki_triumph at 10:59
富士山に登られましたか!..
by rollingwest at 07:25
Coconutsさん、こ..
by hibikorekouji2-2 at 14:40
こんばんは~! とうと..
by coconuts at 19:51
メモ帳
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
仁淀ブルー ♪ 日本一の清流へ
at 2019-08-19 23:38
一番驚いた富士山からの眺め
at 2019-08-07 21:34
令和元年、富士山登山♪
at 2019-08-06 00:09
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2019年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ダイヤモンド里山

我が家からでも見られました ♪

ダイヤモンド富士ではないけれど、

山に沈む美しい夕陽が。

   名付けて “ ダイヤモンド里山 ”
b0366871_19035643.jpg

久しぶりに夕陽に魅せられました。



by hibikorekouji2-2 | 2019-05-31 19:08 | Comments(2)

零れ落ちそうな瞳

『なんて名前にしたの?』

「はな子」

『えー、山田はなこみたい』

私と当時中学生だった姪っ子との会話です。

ちょうど彼女がブレイクした頃、家族の一員になったワンです。


零れ落ちそうな大きな瞳

子犬の時から旅立ちの日を迎えるまで

この澄んだ大きな瞳に見つめられていました。

「 わたしの名前は はな子 13才だよ 」
b0366871_22373793.jpg

13才を過ぎてもまるで子犬のようなあどけなさがありました。

14歳で旅立ってしまったけど、

今もPCを開けると大きな瞳のはな子が迎えてくれます。



by hibikorekouji2-2 | 2019-05-24 23:27 | Comments(4)

雲仙岳三峰巡り ~ 妙見岳・国見岳・普賢岳

5月20日(月)

昨夜の雨が嘘のような登山日和だった♪

青空を眺め、

春蝉の鳴き声を聞きながらラジオ体操をした。
b0366871_18293286.jpg


池ノ原園地から

仁田峠を目指し登山スタート。
b0366871_18301323.jpg


あれっ?

タヌキにしては顔が細長いなと思っていたら、

ハクビシンだと教えて頂いた。

もちろん「初めまして ♪」の動物だ。
b0366871_18305274.jpg


人間に慣れているようで、

慌てることなくのんびり立ち去った。

   ハクビシン
b0366871_18311608.jpg


登山道脇には海老根が!

嬉しい出会いに心が躍った
b0366871_18314920.jpg
b0366871_18320879.jpg


よく見かけた紫の花。
b0366871_18322599.jpg


ウラシマソウ?
b0366871_18325739.jpg


ナルコユリ?
b0366871_18332796.jpg

植物の名前が全然分かりません。

名前が分かれば楽しさ倍増だと思うのだけど・・・。



仁田峠に到着。

ミヤマキリシマが咲き誇り、

山肌はピンクに彩られていた。
b0366871_18335670.jpg


ミヤマキリシマの花道を通り、

妙見岳と国見岳を目指した。
b0366871_18342859.jpg


絶景かな、絶景かな。
b0366871_18345724.jpg


新緑が目に優しかった。
b0366871_18352493.jpg


おー、綺麗~♪

写真では美しさが伝わっていませんが^^;
b0366871_18355052.jpg


も見えて来た。
b0366871_18361872.jpg


なんだろう?
b0366871_18370254.jpg


ミヤマキリシマ斑入りの笹を眺めながらの

素敵な登山道だった。
b0366871_18372320.jpg


妙見神社 到着。
b0366871_18375017.jpg

2014年秋ごろから

妙見岳山頂(1333m)への登山道は進入禁止になっているそうだ。


国見岳へと向かった。
b0366871_18381473.jpg


癒しの登山道 ♪
b0366871_18384875.jpg


ガスがかかってきた。
b0366871_18391220.jpg


予期せぬかなり急な鎖場が現れ、

真剣そのもので登って行った。


ガスに包まれた山頂は何も見えなかった。

   国見岳 1347m
b0366871_18394155.jpg


鎖場を無事下ってホッとし、

なんとか1枚撮ることが出来た。

   国見岳の鎖場
b0366871_18424202.jpg


妙見岳、国見岳を登り、

いよいよ目指すは普賢岳
b0366871_18431241.jpg


これはマムシグサですよね。
b0366871_18433480.jpg
もし違っていたら教えて頂けると嬉しいです^^


紅葉茶屋で一服し、

普賢岳山頂を目指した。
b0366871_18453332.jpg
b0366871_18440308.jpg


もののけの森のようで素敵だった。
b0366871_18460033.jpg


今日のコースです。
b0366871_18473473.jpg
b0366871_18474894.jpg


   普賢神社
b0366871_18481523.jpg


山頂までもう一息、

ガスに包まれ霞んでいた。
b0366871_18485215.jpg


山頂到着~♪

   普賢岳 1359m
b0366871_18500509.jpg


強風で足を踏ん張っていないと飛ばされそうだった。

残念ながらガスで何も見えず、

でも雲の中に居るのだと思うとちょっと気分はアップ ♪


「バンザーイ!」をしたつもりだったが、

強風のせいか手が伸びていなかった^^;
b0366871_20415192.jpg


巨大な岩にさほど土があるとも思えないが、

岩肌を覆うように花が咲いていた。
b0366871_18513095.jpg


強風と寒さの為長居をすることもなく、

ちょっと甘いのもを口にし早々に下山開始。


仁田峠へと向かった。
b0366871_18520349.jpg


   普賢神社拝殿
b0366871_18524543.jpg


ガスで視界がほとんどなくなることもあった。

この向こうに平成新山が見えるはずだったのだけど・・・。

   平成新山展望地
b0366871_18531740.jpg
b0366871_18534660.jpg


目を閉じ、

昨日麓から見た平成新山を頭に浮かべた。

   平成新山
b0366871_18552904.jpg
(5月19日 撮)


足はパンパンで疲労はマックス。

自分の足ではないような感じになっていたが、

小さな花に癒されながらなんとか無事下山しました^^
b0366871_20555835.jpg


青空の下 登山を開始し、

美しい風景を堪能することが出来た。

途中からガスの中を歩くことになったが雨にあうこともなく下山し、

温泉で汗を流していたら雨が降り始めた。

幸運に恵まれた山行となった。



by hibikorekouji2-2 | 2019-05-22 22:16 | | Comments(6)

ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド ~蔓薔薇~

モッコウバラからバトンタッチを受けた蔓薔薇

“ ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド ” が満開になってきた ♪


台風が来ているのかと思わせるような強風の中、

ミツバチは蜜を求めてやって来た。
b0366871_13590164.jpg


オレンジから白へと色が変わり、

花色の変化を楽しめる可愛いバラだ。
b0366871_14014315.jpg



by hibikorekouji2-2 | 2019-05-18 14:07 | Comments(4)

あれから一年

「赤血球の値が異常に低いです。

 輸血を考えてもいいくらいの状態です。」

昨年の今頃、ももかはなんとか危機を脱したところだった。

を越せるだろうか・・・。


無事迎えただったが、

再び生死を彷徨った。

「血小板の値がデータとして上がってきません。

 ほとんど無いに等しい状態です。」

赤血球の値も低かった。

最期は家で迎えさせてやりたいの思いで通院を選んだ。

スタッフの方々も「12月の誕生日を迎えられるといいですね。」と。


あの出来事がだったかのように

今は元気いっぱいに過ごしています。

ももか15歳、パワフルなお婆ちゃん犬です^^
b0366871_15200784.jpg
通院はしてます^^



おまけ177.png

あちこちでゴージャスな薔薇が咲き乱れている。

我が家のバラも花数が増えて来ました♪
b0366871_15215924.jpg


by hibikorekouji2-2 | 2019-05-11 15:36 | Comments(6)

解き放たれよう♪

将来の展望が開けているのを予想しているかのような雲模様。

末広がり

未来は明るいぞ ♪


   放射状雲
b0366871_18232242.jpg


by hibikorekouji2-2 | 2019-05-10 18:30 | | Comments(4)

ハロと環水平アーク

ニュースで聞く度に

今年はまだ一度も見てないなーと思っていたのだけど

やっと今日見ることが出来た ♪


薄っすらではあったけれど、

長~い横長の虹、環水平アークが見られた。

そして上を仰ぎ見るとハロも~♪

b0366871_18525277.jpg

写真では環水平アークは分かり難いけど、

私の目には 淡く優しい環水平アークが映っていた。


自然が織りなす美に魅せられた昼休み、プチ幸せ♪



おまけ177.png

こちらは 2014年5月4日に見られた 環水平アーク

こんな美しい環水平アークにもう一度会えるといいな。
b0366871_18592494.jpg


by hibikorekouji2-2 | 2019-05-08 19:07 | | Comments(6)

出会いの朝、幸せの瞬間 ♪

久しぶりの早朝散歩は、

意外にも肌寒かった

ウィンドブレーカーを取りに帰るのも面倒くさかったので、

足早に歩を進めた。


今年は花を愛でることは出来なかったが、

可愛い実を沢山付けていた。

   大島桜の実
b0366871_09450589.jpg


朝陽を受けるベビーリーフ

ハートの形になるにはもう少しかかりそう。

   ナンキンハゼ
b0366871_09453518.jpg


いつもコメツキバッタのように首を上下に振りながら

忙しそうに歩いているイソシギさんだが、

珍しくじっと佇む姿を見かけた。
b0366871_09455515.jpg


チュウシャクシギさんがやって来ていた。
b0366871_09500262.jpg
b0366871_09501441.jpg

朝食のカニをゲット~ ♪
b0366871_09502352.jpg


   ヤマボウシ
b0366871_09504257.jpg


美声が聞こえてきた。

いたいた ♪

美声の主はイソヒヨドリ君だった。
b0366871_09505608.jpg


   カワラヒワ
b0366871_09511506.jpg


早朝の清々しさを一層強く感じさせてくれた。

   シャガ
b0366871_09514209.jpg


一年ぶりの夏鳥との出会い、

今年も飛来した姿を見かけホッとした。

お世辞にも美しいとは言えない干潟だが、

そこにはとなるカニが沢山いるようだ。


出会いの朝、プチ幸せ♪


(今日の散歩   4,000m)



by hibikorekouji2-2 | 2019-05-05 10:34 | Comments(2)

毛無山 ~ 白馬山へ ≪ 平成最後の登山 ≫

4月30日(火)

昨夜の大雨が心配だったが、

目覚めたときには雨は止んでいたのでホッとした。


カタクリに会いに行くのが目的だが、

ちょっと遅いかもと思いつつも期待しながら登山口へと向かった。


いよいよ登山開始 ♪
b0366871_00015432.jpg


歩き始めて程なくイカリソウに出会った。
b0366871_00022162.jpg


毛無山へのコースは沢沿いを歩くという

私の大好きな登山道だった。
b0366871_00035629.jpg


   延齢草
b0366871_00041700.jpg


昨日の雨で水量が多くとても素敵な流れとなっていた。
b0366871_00044430.jpg


はじめまして♪ のハシリドコロはシックな花色をしていた。
b0366871_00050877.jpg


大きすぎてカメラに入りきらなかったが、

幅以上に奥行きがありその大きさに驚いた。

   毛無大岩
b0366871_00053756.jpg

岩の足下にもハシリドコロがひっそりと咲いていた。
b0366871_00060520.jpg


あっ、ゴゼンタチバナだ♪ と喜んでいたのだが・・・。
b0366871_00074373.jpg


葉が4枚のものや6枚のものがあり、

ゴゼンタチバナじゃないのかなー。
b0366871_00080614.jpg
ご存知の方、教えて頂けると嬉しいです^^



ガスが幻想的な風景を創りだしていた。
b0366871_00083176.jpg


八合目まで登ったけど、

まだカタクリの花は見かけていないような・・・。
b0366871_00085576.jpg


   九合目避難小屋
b0366871_00091604.jpg


カタクリの花がぽつりぽつりと見られるようになった。

厚い雲に覆われ日差しが遮られているので

花は蕾のように閉じたものが多く、

やっと開花したカタクリの花に出会った ♪
b0366871_00095364.jpg


ショウジョウバカマも咲いていた。
b0366871_00101827.jpg


山頂はガスに覆われ展望はゼロ

大山の南壁を望むことは叶わなかった。

   毛無山(けなしがせん)山頂(1,218m)
b0366871_00104863.jpg


栄養補給をした後、

白馬山へと向かった。
b0366871_00111028.jpg


樹々はまだ芽も見られず、

まるで冬枯れの樹を見ているかのようだった。
b0366871_00114024.jpg


白馬山へと向かう登山道脇には、

沢山のカタクリの花が見られた。
b0366871_00120531.jpg


蕾を付けたユキザサも沢山見られた。
b0366871_00124033.jpg


カタクリの隣でひっそりと咲いていた一輪草

思わぬ出会いにテンションが上がった。
b0366871_00134897.jpg


カタクリばかりに目を奪われていたが、

小さな小さなスミレもとても可愛いかった。
b0366871_00141303.jpg


県境を跨いだ瞬間はいつだったのだろう。
b0366871_00144417.jpg

   カタクリ広場
b0366871_00150599.jpg


   白馬山へ
b0366871_00153395.jpg


まだ新緑があまり見られない中にあって、

オオカメノキの花が華を添えていた。
b0366871_00162560.jpg


「ラン科 オオバノトンボソウ」とあるけど、

まだ顔を覗かせたばかりのクルンとした葉っぱのことかな。
b0366871_18482441.jpg
b0366871_00171018.jpg


調べて見たのだけど、

オオバノトンボソウはこんな花を咲かせるようだ。
b0366871_00175296.jpg
(画像はお借りしています^^)


   ツクバネソウ
b0366871_00182845.jpg


   一輪草
b0366871_00190210.jpg


   白馬山(はくばさん)山頂(1,060m)
b0366871_00193673.jpg


   タムシバ
b0366871_00210946.jpg


   クロモジ
b0366871_00214060.jpg


   ヤマザクラ
b0366871_00221795.jpg


   ミヤマシキミ
b0366871_00224514.jpg


毛無山を目指して沢沿いを上って行き、

白馬山を経て今沢に掛けられた橋を渡り、

丁度一周したことになった。
b0366871_00231756.jpg


水の音に癒され心地よく、

ちょっとした達成感を味わった。
b0366871_00240075.jpg

   黄ケマン
b0366871_19555901.jpg



全員無事下山、駐車場に到着。

今日の登山は赤い矢印を歩きました。
b0366871_00242724.jpg


こちらではもう新緑とは言い難い濃い緑で山は覆われているが、

毛無山では登るにつれ新緑はおろか芽さえもほとんど見られなかった。

ツツジを一度も目にしなかったことにも驚いた。


目的だったカタクリの群生を見ることが出来たし、

色々な山野草に出会え楽しい山行となった。



by hibikorekouji2-2 | 2019-05-01 20:00 | | Comments(4)