日々の生活の中に「プチ幸せ」を感じて♪
by hibikorekouji2-2
カテゴリ
全体



未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
最新のコメント
うっすらの雪化粧、いいで..
by kogechatora at 23:44
shizenkazeさん..
by hibikorekouji2-2 at 22:03
noboru-xxさん、..
by hibikorekouji2-2 at 22:00
aitainyaさん、こ..
by hibikorekouji2-2 at 21:58
shizenkazeさん..
by hibikorekouji2-2 at 21:55
budoudana-de..
by hibikorekouji2-2 at 21:48
まだ岐阜市内では初雪がな..
by shizenkaze at 22:58
野生の雉なんて子供の頃、..
by noboru-xx at 05:40
こんばんは☆ カラスウ..
by aitainya at 23:34
カラスウリの実がまだ綺麗..
by shizenkaze at 23:18
メモ帳
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
初雪
at 2017-12-12 18:21
目指すは山裾
at 2017-12-10 16:03
マイ・バイクを走らせて
at 2017-12-09 18:14
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

雨 粒

まだ霧雨が降っていたが、

折角準備して歩く気満々だったのでそのまま散歩へと出掛けた。


AM5:47   今日のUターン地点
b0366871_18494683.jpg


雨が上がったばかりで、花は重くなるほどの雨粒を湛えていた。

AM5:52   アシュラム
b0366871_18502926.jpg

  ローズヨコハマ
b0366871_18505751.jpg

  ローズふくやま
b0366871_18512882.jpg


雨粒を抱いた薔薇とは対照的に、

雨に洗われた紫陽花は生き生きとし喜んでいるかのようだった。

AM6:04   紫陽花
b0366871_18515802.jpg


AM6:11   
b0366871_18522512.jpg

  石榴の花
b0366871_18525435.jpg


緑のカーテンとして植えられたゴーヤーだが、

まださほど伸びてもいないのに早くも花を付けていた。

AM6:25   ゴーヤーの花
b0366871_18532023.jpg


黄色のヒペリカムはいつもにまして鮮やかに目に映った。

  ヒペリカム
b0366871_18542013.jpg


薔薇と雨粒・・・。

ちょっと寂しげでもあり憂いを帯びているかのようでもあり。

  チャールストン
b0366871_18544989.jpg


散歩している人にはあまり出会わなかったけど、

ジョギングする若者達は霧雨など全く気にしていないようだった。

目標に向かって走る姿はとても美しく、元気を貰った。


突き進む姿の美しさに触れた朝、プチ幸せ♪


(今朝の散歩   3,331m)




おまけ 072.gif


海抜3mに満たない地に住む私だが、頭を雲の上に出す山を望むことが出来た。

雨がくれたちょっとしたプレゼントに感動 ♪

AM7:24   
b0366871_18551244.jpg


[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-30 20:03 | Comments(2)

はじめまして~ ♪

予想していた以上に厚い雲に覆われていた。

晴れていたら足取りも軽く

楽しい散歩になっていただろうにと思いつつ出掛けた。


AM5:22   シモツケ
b0366871_12510661.jpg


雨を待っているだろう紫陽花も咲き始めていた。

AM5:28   紫陽花
b0366871_12565345.jpg



今年はお目にかかれないかもと諦めていたニゲラにも出会った。

AM5:34   ニゲラ
b0366871_12521642.jpg


そしてユリも咲き始め。
b0366871_12523926.jpg


曇天に加えてほぼ満潮の海。

シギたちには出会えそうもないと諦めていたのだが、

なんだか三毛猫のような鳥さんが目に入った。

急に曇天から心は晴天に058.gif

「 はじめまして」 の鳥さんに出会った~ ♪

警戒心が強く動き回っていたが、飛び立ってしまった。

朝食中だったろうに、ごめんね

AM5:44   キョウジョシギ (証拠写真ということで^^;)
b0366871_12525591.jpg
b0366871_12540507.jpg
b0366871_12542004.jpg

予期せぬ鳥さんとの出会いに足取りは軽くなっていたのだが、

雨粒が落ち始めたので散歩は中止し家路についた。



AM6:07   ホタルブクロ
b0366871_12573812.jpg


今年はどの花も開花が早いような気はするが、

早くもコスモスが咲いていた。

AM6:14   コスモス
b0366871_12582974.jpg


やはり雨粒が一番似合う花かな。

AM6:19   額紫陽花
b0366871_12590662.jpg

       柏葉紫陽花
b0366871_12593744.jpg


大好きなヒメシャラも花を付け、

僅か10日程歩かなかっただけだが時の移ろいを感じた。

AM6:32   ヒメシャラ
b0366871_12544213.jpg

潮が満ちた海にはいつも見られる顔ぶれの鳥さんは居なかったが、

はじめましてのキョウジョシギさんに出会えたなんて

なんともラッキーな朝だった。


はじめましての鳥さんに出会えた朝、プチ幸せ♪


(今朝の散歩   3,725m)



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-28 15:10 | Comments(4)

快晴の大台ケ原

5月22日(日)

爽やかな朝だったが、

標高が高いだけあってフリースを着ていても肌寒いくらいだった。

AM5:20   日の出
b0366871_21172981.jpg


朝食前に散歩に出掛けた。

いつもの散歩コースとは天地の差

人の気配を感じることはなく耳に入るのは鳥の囀りのみだった。

AM5:33
b0366871_21181698.jpg
b0366871_21190135.jpg


当初は、大和岳~名古屋岳~日出ケ岳の尾根を縦走する予定だったが、

登山口に立入り禁止の立て札があったのでビジターセンターで確認したところ、

「禁止ではありません」と言うので

「じゃあ入ってもいいのですね」と尋ねると「協力して欲しい」と言われ

禁止するわけでもなくかといって許可することもなかったそうだ。

リーダーさんの判断で予定を大幅に変更し、

縦走を断念し自然保護に協力することにした。



朝食を終え、

日出ケ岳を目指して予定通りAM7:30にスタート。

AM7:50
b0366871_21204624.jpg

   バイケイソウの群落
b0366871_21215506.jpg

AM8:16   
b0366871_21232071.jpg



青空に新緑が映え、最高の登山日和だった。

AM8:20   展望デッキにて
b0366871_21243187.jpg

b0366871_21261934.jpg


AM8:30   日出ケ岳山頂 標高1695m
b0366871_21272122.jpg


富士山が見えることもあるそうだ。
b0366871_22282499.jpg


山頂を後にし、大蛇嵓(だいじゃぐら)へと向かった。

b0366871_21310635.jpg
b0366871_21320911.jpg


1959年の伊勢湾台風による森林の倒壊によると言われている光景を前に、

あまりにも殺伐とした風景に人類の未来を見ているような気がした。

AM9:00
b0366871_21330792.jpg

この森林の倒壊が鹿の増殖に好適な環境を作り出し、

鹿の増殖につながったそうだ。


b0366871_21345738.jpg
b0366871_21354126.jpg


b0366871_21341233.jpg


AM9:08   熊野灘を望む
b0366871_21362751.jpg


画像では何度となく目にした光景だが、

実際に目にすると心に深く入り込み考えさせられる光景だった。
b0366871_21372462.jpg
b0366871_21380046.jpg
b0366871_21391522.jpg


AM9:35   正木ケ原
b0366871_21394358.jpg


失うのは一瞬のことだが、

再生となると気が遠くなるような月日が必要となる。
b0366871_21404464.jpg


AM10:16   牛石ケ原
b0366871_21412591.jpg


立ち枯れた木と新緑に被われた木、

なんとも異様な光景だった。

   “ 生と死 ”
b0366871_21423000.jpg


大蛇嵓に到着

あの岩の向こうに絶景が広がっているのだが、

大渋滞となっていた。

AM10:34   大蛇嵓(だいじゃぐら)
b0366871_21434218.jpg


高い所が苦手なので先端へは行かれなかったが、

垂直約800mの断崖絶壁からのパノラマビューは圧巻だった。
b0366871_21523926.jpg


右手にはも見えたのだが、

カメラのバッテリー残量がなくなり撮れなくなってしまった。


大蛇嵓を後にし、

残念ながら花は終わっていたが石楠花の大群落の中を下山した。

昨日散策したシオカラ吊橋を渡ってスタート地点へと向かい、

大台ケ原の登山を無事終えた。


抜けるような青い空、優しい新緑、鳥の囀り

何度 「至福のとき」 を感じただろうか。

日本一雨の多い大台ケ原でこんなにも素晴らしい天気に恵まれるとは。

最高の大台ケ原登山となった。



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-24 23:40 | | Comments(4)

大台ケ原(日本百名山)へ

5月21日(土)

楽しみにしていた大台ケ原登山の日がやって来た。

大台ケ原は、

屋久島と並ぶ日本でも最も雨の多い地帯と言われているので、

ずっと気になっていた天気だったが、

信じられないような青空が広がっていた。


到着後時間があったので散策することにし、

大蛇嵓(だいじゃぐら)方面へと向かった。


PM3:07   大台ケ原ビジターセンター (標高1573.7m)
b0366871_21133823.jpg

PM3:13   大蛇嵓 2.8km
b0366871_21181712.jpg

 

下界では既に木々の緑は濃くなっているが、

大台ケ原は新緑が美しく若葉越しに見る陽光の美しさに見惚れた。
b0366871_21193786.jpg

  山ツツジ
b0366871_21200148.jpg

b0366871_21203070.jpg


時間を考慮して大蛇嵓までは行かず途中で引き返すことにした。


高い所は苦手だが、帰りになんとかカメラに収めた。

PM4:03   シオカラ吊橋
b0366871_21211041.jpg

フワフワとした揺れはあまり気持ちのいいものではなく、

橋の上から渓谷の美しさを楽しむ余裕はなかった。
b0366871_21221347.jpg
b0366871_21225853.jpg


初めて見るシロヤシオ(ゴヨウツツジ)の葉は、花に負けない美しさがあった。
b0366871_21232857.jpg



 「利用調整地区」とは、将来にわたり良好な自然環境を保持し、
 より質の高い自然体験の場を提供するため、立入り人数等を調整する区域のことで、
 自然公園法に基づき国立公園特別地域内の一部地域に指定されます。
 立入りにあたっては事前に手続きを行い、
 定められたルールに従って利用することが必要です。 (環境省)
b0366871_21240947.jpg

東大台にも規制が入ることのないよう、

マナーを守って自然を楽しませて貰いたいものだ。
b0366871_21245106.jpg


青空の下、木漏れ日を浴びながらの散策はとても気持ちよかった。

PM4:37
b0366871_21252324.jpg


夕食を終え外に出ると、

ラッキーにも沈み行く夕陽が目に入った。

PM6:45
b0366871_21261693.jpg


夕陽を見送り、夕間暮れの散歩へと出掛けた。
b0366871_21272501.jpg
b0366871_21275451.jpg
b0366871_21281553.jpg

薄暮の中、今夜のお宿がとても素敵に見えた。
b0366871_21284742.jpg

早朝とは違った、大人の雰囲気 (?)の散歩となった。
b0366871_21292810.jpg


散歩から帰ると、真ん丸いお月さまがお顔を出していた。

PM7:13   月齢14.3 (満月の前日)
b0366871_21295792.jpg

いよいよ明日が楽しみにしていた登山 ♪


つづく・・・



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-23 23:06 | | Comments(4)

日本一低いアルプス

今日は里山トレッキングの日、

雲一つない絶好の登山日和となった。

日本一低いアルプス “ 小野アルプス ” (兵庫県)へと向かった。


アザメ峠から縦走コースを目指した。

低山ではあるが、一応縦走気分を味わえそうだ。


木々の間からのぞく爽やかな青空に心も晴れ晴れ。

AM11:05
b0366871_22231030.jpg

     “ 木漏れ日 ”
b0366871_22234119.jpg

少しではあるがツツジの花が見られた。

AM11:18
b0366871_22240965.jpg

AM11:20
b0366871_22245917.jpg

低山ながら眺望はよく、遠くにを望むことも出来た。
b0366871_22254429.jpg
b0366871_22263136.jpg


これから登る断崖岩場のスリルが楽しめるという紅山を眺めていると

期待と不安でワクワク、ドキドキ

AM11:41   アンテナ山より紅山を望む
b0366871_22271110.jpg
b0366871_22280455.jpg

PM12:49
b0366871_22283322.jpg


紅山を眼前にし、かなり急だけど大丈夫かなー。

PM12:56
b0366871_22292759.jpg


無事登れた~ ♪

PM1:20
b0366871_22325182.jpg
b0366871_22310618.jpg


振り返るとアンテナ山(矢印)と

今登ったばかりの最大斜度40度の紅山の断崖岩場が目に入った。

PM1:35
b0366871_22344957.jpg


PM1:40   パワースポット 夫婦岩(男岩)
b0366871_22352934.jpg


小野市の最高気温は25.6℃と夏日だったが、

カラッとしていてさほど暑さを感じなかった。

木蔭を歩くときの気持ちよさ、

谷を吹き抜ける風のなんと爽やかなことか。

絶好の登山日和で、

地球のデコボコをしっかりと感じながら歩を進めた。

アップダウンの激しい縦走コースだったが、

心地よい疲れと充足感に満ちていた。


絶好の登山日和、プチ幸せ♪



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-18 23:40 | | Comments(6)

雨上がりの美しき朝

雨上がりの朝、

雨のシャワーに洗われ透明感のある景色が広がっていた。


AM5:20
b0366871_23024675.jpg


キアシシギの群れの中に、

今日はチュウシャクシギの姿も見られた。

AM5:41   チュウシャクシギキアシシギ
b0366871_23031555.jpg
b0366871_23035969.jpg


AM5:46   今日のUターン地点
b0366871_23041707.jpg


雨粒を抱いた薔薇の美しいこと、

私の心までもが潤ってくるようだった。

AM5:48   “ 雨上がり ”
b0366871_23044699.jpg


つぶらな瞳のキアシシギさんに私の頬は緩み、

信号待ちの時間があっと言う間に過ぎた。

AM5:52   キアシシギ
b0366871_23054346.jpg


この木は特別早いようだが、早くも実を結んでいた。

AM5:58   ヒペリカム
b0366871_23061350.jpg


雨粒がキラキラと煌めき、

こんなにも美しい雑草を見たのは初めてのような。

AM6:14   “ 球体 ”
b0366871_23064998.jpg



昨日の雨のせいか頭を項垂れた薔薇は、

美しくも優しく目に映った。

AM6:23
b0366871_23074502.jpg


楽しくはしゃいでいるかのようなもみじの実、

それにしても青空を背にした葉の美しいこと。

何もみじだろう。

AM6:29
b0366871_23081300.jpg
ご存知の方、教えて頂けると嬉しいです^^



雨上がりの朝はしっとりと潤いいつもの散歩道が趣のあるものへと変身していた。

雨粒を抱いた植物の美しさに改めて気付き、

潤いのある光景に心も潤い満たされるものがあった。


雨上がりの美しき朝、プチ幸せ♪


(今朝の散歩   3,395m)





おまけ072.gif


PM7:13   今日の夕景
b0366871_23083716.jpg
b0366871_23085582.jpg


[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-17 23:48 | Comments(4)

深々とお辞儀をするハクセキレイ

薄曇りの朝、

のんびりと散歩へと出掛けた。


フリフリの可愛い花びら、

そして大輪の花火のように広がった蘂も可愛くて。

AM6:00   キウイの花
b0366871_14265671.jpg


AM6:05   ハニーサックル
b0366871_14291339.jpg


小振りなコロンとした薔薇が沢山咲いていた。

鮮やかなピンクの花弁よりも華やかだったオレンジの蘂

とても印象的な薔薇だった。

AM6:20   薔薇
b0366871_14300907.jpg


気になるこの白い花

調べたけど分からずますます気になるその名前・・・。

AM6:27
b0366871_14305629.jpg
ご存知の方、教えて頂けると嬉しいです^^


中央の突起はだと思っていたのだが、

よく見ると蘂と思っていた一つ一つが開き始めていた。

調べてみると花弁だと思っていた白い4枚は総苞片で、

蘂だと思っていた突起物は花の塊りだった。

AM6:33   ドクダミ
b0366871_14312741.jpg


満潮の海、

潮が引くのを待っているキアシシギさんは

それぞれの朝時間を過ごしていた。

AM6:43   キアシシギ
b0366871_14433599.jpg
キアシシギの群れに混じって、ソリハシシギの姿も見られた。


爽やかな朝の風景

正に、“ ビューティフル・サンデー ” だった。

AM6:46
b0366871_14441932.jpg


何度も何度も深々とお辞儀をするハクセキレイさん。

お向かいにいた子は固まっているように見えたのだけど・・・。

求愛行動の一種なのかなー???

AM6:48   ハクセキレイ
b0366871_14450373.jpg
b0366871_14454068.jpg


週末コースの海、

潮が満ちた海は美しく心も満たされていくようだった。

AM6:51   今日のUターン地点
b0366871_14461550.jpg


ベリーだろう。

どんな実が生るのかが楽しみだ。

AM7:19   ベリーの花
b0366871_14471909.jpg


AM7:33   柿の花
b0366871_14491601.jpg


散歩を始めるまで果物の花がどんな姿をしているのか全く知らなかった。

考えたことすらなかったように思う。

色々な花を目にするようになり、

今一番気になっているのが葡萄の花だ。

今シーズンは是非お目にかかりたい花ナンバーワンだ。


真剣なハクセキレイの姿に心打たれた朝、プチ幸せ♪


(今朝の散歩   4,583m)



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-15 15:47 | Comments(4)

もう嬉しくて嬉しくて ♪

お天気に恵まれた週末の朝、

爽やかな気持ちで散歩へと出掛けた。


どんどん早くなる日の出、

その瞬間には間に合いそうにもなかったので

憩うキアシシギさんを眺めてホッコリ気分に。

AM5:33   キアシシギ
b0366871_19490002.jpg


お日様は山の端から既に高く離れていた。

AM5:35   今日のUターン地点
b0366871_19493294.jpg


定規で線を引いたかのように、

朝陽に染まった部分とそうでない所に分断されていた。

よく見ると水鏡と化した海面に光の道は現れず、

多少なりとものある海面にのみ現れていた。

     “ 光の道 ”
b0366871_19500069.jpg


上花弁(白い部分)下花弁(濃い紫部分)で構成されているのかと思っていたのだが、

よく見るとヒゲの上に小さな旗弁(薄紫の部分)と言われる花弁があった。

初めて小さな花弁に気付いた私は、

理科で花の観察をしている小学生気分だった。

AM5:48   ジャーマンアイリス
b0366871_19502419.jpg



カメラと花が結んでくれたご縁で言葉を交わすようになったYさんと、

花を愛でながら話に花が咲いた。

そしてお言葉に甘えて今日はアヤメを一株頂いた。


どんな鉢に植えようかなどと考えながら散歩再開。


八朔の花かな?

白い花びらから飛び出したかのような蘂の姿を見ていると

ビックリ箱を見ているかのようだった。

AM6:22   “ ビックリ箱 ”   
b0366871_19510979.jpg


白い紫露草に続き、今日はピンクの紫露草に出会った。

AM6:35   ピンクの紫露草
b0366871_19520545.jpg


緑と白の取り合わせは爽やかそのものだった。

それにしても沢山の花だけど、

実を結ぶのはどのくらいなのだろう。

AM6:46   エゴノキの花
b0366871_19524602.jpg
b0366871_19531846.jpg


アヤメは小柄だが凛としたその姿に心惹かれる花だった。

決して華やかな花ではないけれど、

アヤメを見かけると足は止まり暫くその姿に見惚れていた。

そのアヤメを頂けたので、もう嬉しくて嬉しくて


花の重さが嬉しかった朝散歩、プチ幸せ♪


(今朝の散歩   3,739m)





[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-14 20:46 | Comments(4)

快晴 ♪

見渡す限り空には一点の雲もなく、

まさに快晴の朝だった。


AM5:22
b0366871_21475102.jpg


朝陽を受けキラキラと輝いて見えたソリハシシギさんは、

かなり警戒しているようだった。

AM5:40   ソリハシシギ
b0366871_21482404.jpg

AM5:43   今日のUターン地点
b0366871_21485273.jpg


艶々と眩いような実は、まるで宝石のようだった。

AM5:56   木苺かな?
b0366871_21491971.jpg


桑は実を結び沢山の実をつけていたが、

実を結び熟れるまでの過程が一枝で見られた。

AM6:02   桑の実
b0366871_21500879.jpg

AM6:20   アヤメ
b0366871_21513198.jpg


まだ陽が当たらないヤマボウシは、ちょっと元気がなさそう。

AM6:24   ヤマボウシ
b0366871_21521666.jpg

AM6:31   アヤメ
b0366871_21525017.jpg

AM6:39   黄菖蒲
b0366871_21532107.jpg


八朔の花だろうか。

果実と花のバトンタッチのような光景を見ていると雀がやって来た。

この雀さんは蜜を求めやって来たようだ。

AM6:48
b0366871_21535215.jpg



今日は1日中、快晴の爽やかな空が広がっていた。

雨が続いたので久しぶりに見る青い空の美しさに魅了されていた。

快晴の空を眺めていると、心が広くなっていくようだった。


快晴の爽やかな1日、プチ幸せ♪


(今朝の散歩   3,531m)



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-12 23:32 | Comments(7)

小さな小さな花園出現

今日は雨が降ったり止んだりと可笑しな天気の1日だった。

雨空であることを忘れさせてくれる薔薇の花。

今年は沢山の花を咲かせてくれ、

小さな小さな花園がベランダに出現した。


    サマースノー
b0366871_21360786.jpg

    ロイヤルボニカ
b0366871_21363666.jpg

    ブルーバユー
b0366871_21370480.jpg

    ストロベリーアイス
b0366871_21373455.jpg


しっとりした雨の日の薔薇も情緒があるが、

朝陽を浴びて光り輝く花の姿を愛でてみたい。

b0366871_21380271.jpg



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2016-05-10 21:55 | Comments(2)