日々の生活の中に「プチ幸せ」を感じて♪
by hibikorekouji2-2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体



未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんばんは、こちらは台風..
by yamabousi-28 at 18:58
こんばんは~! またま..
by Coconuts at 16:50
shizenkazeさん..
by hibikorekouji2-2 at 11:06
ヒイラギの花も金木犀や銀..
by shizenkaze at 22:32
siawasekunさん..
by hibikorekouji2-2 at 15:50
noboru-xxさん、..
by hibikorekouji2-2 at 15:49
shizenkazeさん..
by hibikorekouji2-2 at 15:47
yuki_triumph..
by hibikorekouji2-2 at 15:44
素敵なショットと解説から..
by siawasekun at 02:56
もう山に登る体力はありま..
by noboru-xx at 06:12
メモ帳
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
初めましての山野草
at 2017-10-22 11:02
ススキ梅雨
at 2017-10-21 15:38
三瓶山へ
at 2017-10-19 01:14
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:山( 28 )

初めましての山野草

三瓶山で出会った山野草、

写真でしか見た事のない花との出会いがしんどさを忘れさせてくれた。


カメラに収めてはみたものの、

団体行動ゆえじっと立ち止まるわけにもいかず

ボケてしまっているのですが、

名前を教えて頂けると嬉しく思います。


ツルニンジンの実でしょうか?
b0366871_10223205.jpg
b0366871_10225694.jpg


② 全然分かりません^^;
b0366871_10431409.jpg
b0366871_10433801.jpg


③ これも分かりません^^;
b0366871_10443119.jpg


アケボノソウでしょうか?
b0366871_10445913.jpg
b0366871_10452188.jpg

ご存知の方、よろしくお願いします m(_ _)m



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-10-22 11:02 | | Comments(2)

三瓶山へ

雨続きで心配していたお天気だったが、

爽やかな朝焼けでトレッキングの日の朝を迎えた。


AM6:06
b0366871_22204362.jpg


登山前に立ち寄った「三瓶自然館」で芸人さんに出会った。

まさかの芸能人との出会いに驚いた。

よくテレビに出られているのだが、名前が思い出せない・・・。



姫逃池コースから男三瓶山を目指した。
b0366871_22211120.jpg


2年前には逆回りでこのコースを下ったのだが、

急坂は整備され階段が付けられていた。
b0366871_22213653.jpg
b0366871_22220156.jpg
b0366871_22222878.jpg


     マムシグサの実
b0366871_22232860.jpg


黄葉はまだ始まったばかりだった。
b0366871_22235262.jpg


山頂に着いた時はガスがかかり、

途中ではくっきりと見えていた日本海を望むことは出来なかった。

     男三瓶山 1126.0m
b0366871_22241788.jpg


風が強く気温も低かったので、

避難小屋で昼食をとることにした。

冷えた体にドライフーズのなめこ汁が凄く美味しかった。



     フウロかな?
b0366871_22244541.jpg


雫をつけたアザミはしっとりしとても綺麗だった。
b0366871_22251310.jpg


ガスと強風の中、

室の内池へと向かった。
b0366871_22254760.jpg


かなりの急坂で気が抜けなかったが、

一瞬ガスが晴れ 子三瓶山(右)孫三瓶山(左)が見えたときには感動した。
b0366871_22265262.jpg

b0366871_22275121.jpg
 

     ウバユリの実(と判明しました。ありがとうございます^^)
b0366871_22282055.jpg


ヤマアジサイ?は登り始めから下山までずっと楽しませてくれた。
b0366871_22285270.jpg

b0366871_22293310.jpg
b0366871_22295794.jpg


東の原を目指した。
b0366871_22303031.jpg


     火口湖「室の内池」
b0366871_22311862.jpg
b0366871_22315996.jpg


     ヤマラッキョウ
b0366871_22331284.jpg


     ナデシコ
b0366871_22335497.jpg


     マユミ
b0366871_22341705.jpg
b0366871_00321038.jpg


振り返ると昼食をとった山頂の避難小屋が遥か遠くに見えた。
b0366871_00372255.jpg


     アキチョウジ かな?
b0366871_22363002.jpg


花の様なキノコを見たのは初めて。

調べてみるとツチグリのようだった。
b0366871_22365330.jpg
もし違っていたら、教えて頂けると嬉しいです^^



     リンドウ
b0366871_22372579.jpg


緑と茶色が半々の面白い栗、発見~ ♪
b0366871_22375085.jpg


男三瓶山から室の内への下りはかなりの急坂だった。

下りた~と思ったら、

再び太平山への登りが待っていた。
b0366871_23380060.jpg


私にとっては結構ハードな登山だったが、

下山するまでお天気はもちとても楽しい山行となった。



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-10-19 01:14 | | Comments(8)

蓮花寺山へ

9月30日(土)

久々に山友と二人で山歩きに出掛けた。


蓮花寺の本堂の前を通らせて頂き、

登山道へと向かった。

AM9:35
b0366871_19070054.jpg


八十八カ所石仏を確認しながら登ることとなった。
b0366871_19080761.jpg


ファミリーコースという甘い響きとは似つかわしくない

結構急な坂が延々と続いていた。
b0366871_19093519.jpg


     首塚供養塔
b0366871_19102423.jpg
b0366871_19120166.jpg


神仏習合を目にしたのは初めてだった。

     白龍社
b0366871_19134535.jpg
b0366871_19142520.jpg


一番、二番、三番・・・、とお地蔵様を確認しながら登っていたのだけど、

やっと八十八番まで辿り着いた。
b0366871_19152542.jpg


大五輪塔の案内はあったけど距離が書いていない。

どのくらいあるのだろうか。

よく見ると親切な方が小さく「4分」と書き足してくれていたので

寄って見ることにした。
b0366871_19160919.jpg


初めての展望に思わず感嘆の声が出てしまった。
b0366871_19171464.jpg
b0366871_19175629.jpg
b0366871_19181607.jpg


歴史を感じる大きな五輪塔が現れた。

大地震の時にでも落ちてしまったのだろうか、

空輪は両方とも見られなかった。

AM10:35   大五輪塔
b0366871_19184928.jpg
b0366871_19193073.jpg


分岐まで戻り、中心広場へと向かった。
b0366871_19205484.jpg


よく整備された中心広場だった。
b0366871_19212167.jpg
b0366871_19220845.jpg



山頂広場に到着。
b0366871_19224926.jpg


AM11:10   蓮花寺山山頂 374.0m
b0366871_19241633.jpg


こちらでランチタイムを楽しまれていた方に

次の目的地である高城山への道について尋ね、

次なる山を目指した。
b0366871_19253798.jpg


高城山への標識が全く見られない。

山頂を後にしてこの標識(↑)が最後となり、

ピンクのリボンも全く見られず少々心細くなってきた二人・・・。

取敢えず下ることにした。


本に載っていた場所に着き一安心

AM11:42   光明水
b0366871_19262076.jpg



谷川沿いを下っていると、

高城山への道を聞いた叔母様方が下って来て、

「あなた達が行った反対側に高城山への道があったのよ」と一言。

えっ、でも標識も道らしきものもなかったけど。

あの時、「そっちじゃないわよ」と一声かけてくれていたら・・・。

いえいえよく下調べをしていなかった私達が悪かったのです。

でも・・・。


負けん気に火が付いた山友

「まだ体力ある? 蓮花寺山の山頂まで戻って確認したい!

というわけで、急坂を登り帰すことにした。


日本晴れの美しさを見ていると、

疲れが吹っ飛ぶとまではいかないけど

息を吹き返すようだった。
b0366871_19271217.jpg


蓮花寺山山頂で高城山への道を確認し、というか探し、

いつかリベンジしようと誓い合った。


下山途中の中心広場では、

山そのものを楽しまれているお二人の叔母様におやつを頂き、

あの方達のようになれたらいいねと山友と話した。



無事下山、

弁財天の隣には・・・。
b0366871_19280147.jpg


愚痴聞き地蔵尊がいらっしゃった。
b0366871_20455033.jpg


雲一つない爽やかな空、

最高気温は 28℃ 近くまで上がったが、

木漏れ日を浴びながらの樹林帯の登山道は気持ちよかった。


高城山への縦走は叶わなかったけど、

蓮花寺山の2コースを登ったことになる。

登山を始めて丸3年、私も強くなりました。



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-10-02 21:53 | | Comments(4)

三徳山登山 ~ 国宝・投入堂

薄雲に覆われ暑さを凌げ、

ある意味登山日和となった。


まず登山の安全を願いお参りをした。

     三佛寺 本堂
b0366871_22000871.jpg


登山参拝事務所で手続きを済ませ、

輪袈裟を掛けて投入堂を目指して登り始めた。
b0366871_22543389.jpg
b0366871_22015380.jpg


ホトトギスは既に実を結んでいた。
b0366871_22024527.jpg


急坂は立派な根に覆われていた。

     カズラ坂
b0366871_22031778.jpg
b0366871_22034261.jpg


昨年10月21日の鳥取県中部大地震で被害を受けていた

文殊堂直下の急坂の鎖場は

直登は出来なくなり右回りのコースが新たに作られていた。
b0366871_22042445.jpg


     地震前までの鎖場
b0366871_23141467.jpg
(2016年10月8日 撮)


地震後に作られた鎖場は

文殊堂直下を右回りするように掛けられていたが、

岩の下はで緊張の一瞬だった。
b0366871_22045848.jpg


     文殊堂より
b0366871_22053711.jpg


見逃してしまいそうな小さな花に癒され。
b0366871_22061473.jpg


花は実を結び色付き始めていた。
b0366871_22063805.jpg
b0366871_22070706.jpg


     納経堂
b0366871_22092485.jpg


     観音堂
b0366871_22101478.jpg
b0366871_23314556.jpg




     三佛寺奥院 投入堂(国宝)
b0366871_22111270.jpg
b0366871_22113875.jpg



もう少し近づいて見るためにちょっと下へ移動。
b0366871_22120996.jpg


右下に見える柵より奥へは

一般の人は入れないようだ。
b0366871_22125006.jpg
b0366871_23431512.jpg


下山開始。
b0366871_22140820.jpg
b0366871_22151696.jpg


急坂だし滑るしで下りはかなり神経を使ったが、

無事下山しホッとして1枚パチリ。
b0366871_22155225.jpg


下山直後突然大きな雨粒が落ち始め、

予定時間をオーバーしていたこともあり小鹿渓の散策は中止し

三朝温泉へと向かい汗を流して帰路についた。


鎖場での鎖の使い方を習い、

一つステップアップ出来た?楽しい登山となった。



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-09-21 00:21 | | Comments(4)

ちょこっと安芸アルプス

アップが遅れ気味になってます^^;

8月23日(水)

今日はトレッキングの日、

美しい朝焼けに心は爽やかだった。

AM5:24
b0366871_22215875.jpg



好天の下、約18㎞ ある「安芸アルプス」の一部、3分の1程度、を歩き始めた。


最高気温は34.4℃だったようだが、

樹林帯の登山道に救われた。
b0366871_22261764.jpg


初めて望んだ瀬戸内海

樹々の間から広島湾を望むことが出来た。

海が見えると一瞬だがしんどさを忘れた。
b0366871_22303963.jpg


今日は三つのピークがあると聞いていたが、

最初のピーク金ケ灯篭山に着いた。

     金ケ灯篭山 山頂 531.9m
b0366871_22345012.jpg


次なるピーク、城山へと向かった。
b0366871_22380268.jpg


所々に落ちていた小さな青い栗に癒された。
b0366871_22383756.jpg


太陽を遮ってくれる樹林は有難かったが

眺望がいいとは言えず、

偶に出会う巨岩がとても新鮮でワクワクした。
b0366871_22411453.jpg


眺望が開け、霞んではいるものの広島市街を望めた。
b0366871_22422459.jpg


赤穂峠で昼食をとり再び歩き始め、

城山を目指した。

PM12:04 
b0366871_22440428.jpg



あまりを見かけなかったので、

たまに花を目にすると嬉しくなった

    ツルリンドウ
b0366871_22462551.jpg
b0366871_22465729.jpg


巨岩出現にワクワク ♪
b0366871_22480870.jpg
b0366871_22492440.jpg



この巨岩の上からはどんな光景が見られたのだろう・・・。

    大岩展望地
b0366871_22500596.jpg


二つ目のピークに到着。

     城山山頂 592.8m
b0366871_22504581.jpg


下って行っているけど、

このまま下り続けるのだろうか。
b0366871_22571223.jpg


下り始めたと思ったらまた登って・・・。
b0366871_22575616.jpg


何故かトゲトゲのゴルフボール???が落ちていた。

こんなボールがあったら面白いのにね。
b0366871_22584219.jpg


新峠から今日のゴール、

海田総合公園へと向かった。
b0366871_22591527.jpg


ゴールには素敵な光景が広がっていた。
b0366871_22595077.jpg



熱中症に罹ることなく、全員無事下山。

予想以上にハードなトレッキングだった。

この図を見てビックリ、

私にとってこのアップダウンはきつかった
b0366871_23072497.jpg
(画像はお借りしています)


今回も体力の無さを痛感

人一倍よく食べるのに・・・。

でも登山を始めた頃に比べると強くなったなと思う。

が、もっと山を楽しめるように心肺機能強化が私にとっての大きな課題だ。



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-08-25 00:12 | | Comments(6)

立山(雄山) ~ 初の標高3,000m超え♪

7月31日(月)

まずまずのお天気の中、

標高2,450mの室堂から歩き始めた。


画像でしか見た事のなかったチングルマが沢山咲いていた。
b0366871_20304705.jpg


コイワカガミは恥ずかしそうに俯いていた。
b0366871_20311008.jpg


目指す先にはガスがかかっており、

お天気が心配だった。
b0366871_20314086.jpg


     ナナカマド
b0366871_20320800.jpg


想像だにしていなかった雪渓を歩いてみたいという夢が叶った。

この体験が出来ただけで大満足 ♪

今年は雪が多かったと言う事で、

4~5か所の雪渓を通ることが出来た。
b0366871_20325750.jpg


     紅花苺
b0366871_20334706.jpg



一の越より山頂を望むも、ガスがかかり見えず。
b0366871_20343413.jpg


二の越よりの眺望に息を飲んだ。
b0366871_20474866.jpg


山頂にある雄山神社にお参りすることにした。
b0366871_20483318.jpg


高山病にかかることもなく山頂に着いた時には、

美しい青空が広がっていた。

     雄山頂上 3,003m
b0366871_20552057.jpg


爽やかな青空の下、

3,003mの高所で御祈祷を受けた。
b0366871_20544268.jpg
b0366871_21274152.jpg



日本三霊山の一つである立山雄山神社
b0366871_20560954.jpg


下山中、ラッキーにも彩雲が見られた。

御祈祷を受けた後の彩雲

こんな幸運があるのだろうかと思うくらい

清々しい気持ちになった。
b0366871_20573493.jpg


カメラに収めることは出来なかったけど、

雲間から槍ヶ岳を見ることも出来た。

そして黒部ダムも見ることが出来た。
b0366871_20581478.jpg


岩場に咲く可憐な花たちを見ていると、

愛おしくさえ思えた。

     ミヤマキンバイ
b0366871_20592105.jpg


     ミヤマリンドウ
b0366871_21002277.jpg


     イワオトギリ
b0366871_21011917.jpg


     イワツメクサ
b0366871_21015108.jpg


     ミヤマアキノキリンソウ
b0366871_21025463.jpg


ハイマツの赤い雄花がとても可愛かった。
b0366871_21032936.jpg


今回は雄山だけ登ったけど、

体力をつけていつかあの山並みを縦走したいと思った。
b0366871_21041140.jpg


   コバイケイソウ
b0366871_21045718.jpg


緑の中にポツンと咲いていたオレンジの花に目が留まった。
b0366871_21053511.jpg


     コオニユリ
b0366871_21061265.jpg



日本最高所の天然温泉『みくりがいけ温泉』は、

時間が押しているということで残念ながら入浴出来なかった。



登山中にも時折硫黄の臭いがしていた。

     地獄谷
b0366871_21064775.jpg


なんて美しいんだろう。

     みくりが池
b0366871_21073487.jpg


沢山の可憐な花たちとの出会いがあったものの、

団体行動ゆえカメラに収めたのはほんのわずかだけど

可憐な姿はしっかり目に焼き付いている。

     ヨツバシオガマ
b0366871_21081864.jpg


行列が出来ていたので飲むのは諦めた。
b0366871_21112692.jpg


想像していた以上に美しかった

憧れていた雪渓のある山を見られただけでも来た価値があると思ったけど、

その雪渓を歩くという夢までもが叶った。
b0366871_21100523.jpg


また来たいと強く思った立山を後にした。


余談だけど、登山ガイドさんが超イケメンでした♡



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-08-02 22:32 | | Comments(8)

古事記の路 ~ 比婆山へ

7月19日(水)

先月は風邪で休んだので、

久しぶりのトレッキングとなった。


イザナミの神が眠る陵墓の聖地として、

古くより信仰を集めた霊山である比婆山を目指した。

AM10:36
b0366871_17524014.jpg


暑さが心配だったが檜林に守られ、

木漏れ日の下フィトンチッドを浴びながら登って行った。
b0366871_17530595.jpg


可愛い花が登り始めのしんどさを忘れさせてくれた。

     ヤマホトトギス
b0366871_17543189.jpg


あともう少し。
b0366871_17551055.jpg


登山道脇はヤマアジサイで彩られていた。
b0366871_17553583.jpg


たまにコアジサイも見られた。
b0366871_17560848.jpg


立派な葉を付けた朴の木

この葉っぱを見て浮かんでくるのは食べ物の事だけ。
b0366871_17593794.jpg

b0366871_18002335.jpg


イチイの巨木が現れた。
b0366871_18005587.jpg
b0366871_18022640.jpg


立派なつくばいに少々違和感を感じた。
b0366871_18031026.jpg


比婆山御陵まで100mということで、

立派なつくばいの存在に納得
b0366871_18041811.jpg


PM12:10   比婆山(御陵)10合目 1,256m
b0366871_18052357.jpg


     イザナミノミコトの御陵
b0366871_18075478.jpg
b0366871_18083364.jpg
b0366871_18093697.jpg

の説明書きも朽ち果てたようになってはいたもののそのまま置かれていた。
b0366871_18335702.jpg


こちらで昼食を取り、

スタミナ補給をして烏帽子山へと向かった。



ユキザサの実が艶々に輝いていた。
b0366871_18114170.jpg


時折現れる山ホトトギスに癒された。
b0366871_18124186.jpg


烏帽子山頂まで200m、もう少しだ。
b0366871_18130937.jpg


     ウツボグサ
b0366871_18133566.jpg


この花はだろう・・・。
b0366871_18141824.jpg
ご存知の方、教えて頂けると嬉しいです^^



小さなアザミに大きな蜂が蜜を求めやって来ていた。
b0366871_18143859.jpg


烏帽子岩へと向かった。
b0366871_18151557.jpg



登山中ずっと鳴き声を楽しませて貰ってはいたものの、

姿が見られたのはこの鳥さんだけだった。

登山のお供のコンデジでは、

トリミングをしても悲しいかなこれが限界

     アカモズ???
b0366871_18155042.jpg


     出雲烏帽子岩
b0366871_18164846.jpg
b0366871_18174142.jpg


私達も上り、眺望を楽しみました ♪
b0366871_18221999.jpg


PM1:13   烏帽子山山頂 1,225m
b0366871_18224363.jpg


ヤマツツジが咲いていたのには驚いた。
b0366871_18231229.jpg


九十九折というにはちょっとオーバーかもしれないけど、

上から見ると美しかった
b0366871_18234040.jpg


PM2:01   出雲峠
b0366871_22193131.jpg
b0366871_22211977.jpg


身体は疲れているはずだが、

山からパワーを貰い心身ともにリフレッシュしていた。

温泉で汗を流し、

お決まりのソフトクリームの美味しかったこと。

山っていいですね。

( 1日遅れのアップになりました^^; )

[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-07-20 22:52 | | Comments(8)

臥竜山に登った~ ♪

最高の登山日和

雲一つない青空が広がっていた。
b0366871_23341057.jpg


いよいよ登山開始

AM9:21   臥竜山登山口
b0366871_23023827.jpg


黄色い花だったけど、コケイランかな?
b0366871_23035367.jpg
もし違っていたら、教えて頂けると嬉しいです^^


     チゴユリ
b0366871_23075748.jpg


新緑に抱かれて気分爽快
b0366871_23083294.jpg


展望岩に登ると・・・。
b0366871_23085967.jpg


展望が開け、深入山が見えた。
b0366871_23095911.jpg


この前の山ではまだだったが、

やっとユキザサの花に出会った。
b0366871_23104244.jpg


延齢草が実を結んでいた。
b0366871_23111801.jpg


青空と新緑、なんて綺麗なんだろう。

最高!!
b0366871_23120088.jpg


AM10:49   臥竜山頂上 1,223m
b0366871_23130567.jpg


この巨岩の上が本当の頂上です。

なんてジョークが飛んでいた。
b0366871_23140524.jpg


名水があるとパンフレットに載っていたので、

ちゃんとカップを準備して行った。

冷たくて美味しかった~!

     雪霊水
b0366871_23144181.jpg


     ギンリョウソウ
b0366871_23152988.jpg


①この緑の小さな花は何だろう?
b0366871_23160714.jpg


うーん、気分爽快!!
b0366871_23163607.jpg


ここで昼食を取ることにした。

AM11:54   猿木峠分岐
b0366871_23171061.jpg


木漏れ日の下でのランチタイム、

贅沢なひと時。
b0366871_23185344.jpg


とっても美味しいお弁当だった。
b0366871_23182461.jpg



山を下り、八幡湿原へと向かった。



を見た事はあるけど、

花を見るのは初めてだった。

     マムシグサ
b0366871_23211620.jpg


枯山水ならぬ湿原、

水は全く見られなかった。

     木道
b0366871_23233286.jpg


何の木だろう?

     ガマズミ (と判明しました。ありがとうございます^^)
b0366871_23240912.jpg


③この可愛い花は何の木かなー?
b0366871_23244013.jpg


     レンゲツツジ
b0366871_23250496.jpg


何故万歳をしたのだろう???

矢印が登ってきた臥竜山

     「おーいの丘」にて
b0366871_23254421.jpg


無事下山

この風景と相まって、

茅葺屋根の建物を見ていると心が和らいでいくようだった。

PM1:27   高原の自然館(標高807m)
b0366871_23274564.jpg


最高の登山日和の1日だった。

家を出て帰り着くまで一つの雲も見ることはなかった。

青い空、新緑、

空気はカラッとしていてとても気持ちよかった。


木漏れ日を浴びながらの山歩き、プチ幸せ♪



厚かましくも分からない植物に番号を付けましたので、

ご存知の方、教えて頂けると大変嬉しいです^^



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-05-29 00:38 | | Comments(4)

森林公園トレッキング

今日はトレッキングの日、

筋肉痛が気になるのでサポートタイツを穿いて出掛けた。


今日のコースは、

管理センター ~ もみじ平 千軒平 もみじ滝 ~ 管理センター

左回りで半分を歩いた。
b0366871_22354424.jpg


まさか水芭蕉が見られるとは思っていなかったので凄く嬉しかった。
b0366871_22361997.jpg


新緑に包まれて気分爽快。
b0366871_22371638.jpg


森林公園と聞いていたのに、

そこには急登が。

AM11:15   登山口
b0366871_22374941.jpg


今回は景色を楽しむ余裕があった。
b0366871_22383635.jpg


     もみじ平へ
b0366871_22392341.jpg


     象さん現る!?
b0366871_22401581.jpg
b0366871_22411159.jpg


こんな所に避難小屋がと思ったが、

冬にはかなりの積雪量があるということで納得。
b0366871_22420005.jpg


ユキザサが蕾を付けていたけど、

どんな花が咲くのだろう。
b0366871_23025716.jpg


テレビで見た事はあったが、

東北などの寒冷地にしかないと思っていたので、

ネマガリダケ (チシマザサ) が生えているのには驚いた。
b0366871_22445697.jpg


予想に反し肌寒い中での昼食タイムとなった。

PM12:03
b0366871_22470567.jpg
b0366871_22480578.jpg
暑さ対策のことしか考えていなかったので、

飲み物は冷たいものばかり。

Nさんから頂いたホットコーヒーがとても美味しかった。


腹ごしらえをして再び歩き始めたものの、

暫くの間はまだ寒かった


     ショウジョウバカマ
b0366871_22484199.jpg


PM12:53   千軒平 1,090m
b0366871_22492089.jpg


千軒平より来し方を振り返るがガスの中
b0366871_22564136.jpg


新芽が出たばかりの木もあり、

新緑を堪能した。
b0366871_22580918.jpg


     チゴユリ
b0366871_22583894.jpg


     もみじ滝へ
b0366871_22592218.jpg


水量は少なかったものの、

新緑の中で見る滝は想像していた以上に美しかった

     もみじ滝(落差 30m)
b0366871_23214659.jpg


     おたからこう湿原
b0366871_23231503.jpg


今は葉が茂っているだけだったが、

夏にはこんな花が咲くようだ。
b0366871_23261065.jpg
(写真はお借りしています)


     延齢草
b0366871_23291668.jpg


     キクザキイチゲかな?
b0366871_23300762.jpg
もし違っていたら、教えて頂けると嬉しいです^^



下山後は温泉に浸かり至福のひと時。

b0366871_23314552.jpg


温泉街らしい風景が広がっていたが、

川の手前には二つの露天風呂があり、

川向うには洗濯場があった。
b0366871_23323553.jpg


新緑に包まれての山歩きはとても気持ちよかった。

鳥の囀りも響き渡り、

自然にパワーを貰って帰って来た。

不思議なことに、

気が付けば筋肉痛が全くなくなっていた。

ラッキー!



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-05-18 00:53 | | Comments(4)

中蒜山~上蒜山縦走トレッキング

数日経ってしまいましたが、

土曜日に行った蒜山トレッキングをアップします ^^;


5月13日(土)

蒜山三座(日本200名山)の中蒜山~上蒜山へと縦走した。

              上蒜山 ・ 中蒜山 ・ 下蒜山
b0366871_20220550.jpg
(写真はお借りしています)


バスの中で貰った地図を見てビックリ!

急登があるとは聞いていたけど、ちょっと心配になって来た。
b0366871_21224564.jpg


雨も上がり新緑の中を歩けるのを楽しみに、

中蒜山登山口である塩釜冷泉(日本名水百選)をスタート。


登り始めて間もなくギンリョウソウに出会い、

まだ2回しか見た事がないのでウキウキしてきた。
b0366871_19505307.jpg


予想していた通りの新緑に包まれて気分爽快
b0366871_19512280.jpg


気持ちいいなと思ったのも束の間、

急登が始まった。
b0366871_19514490.jpg

心臓はバクバク、汗だくで気力だけで登ったような気がする。


登山道脇にはイワカガミ、ショウジョウバカマ、カタクリ

可愛い花たちが咲いていたが写真を撮る余裕はなかった。


急登が終わり、やっとカメラを手にした。
b0366871_19520921.jpg

b0366871_19523003.jpg


中蒜山に到着し、昼食タイムとなった。

AM10:51   中蒜山頂上 1,122m
b0366871_19534914.jpg


休憩しちょっと元気になったし、

緩やかな登山道にちょっとルンルン気分に♪


あちこちで咲き誇っていた白い花、

花びらがとても面白い形をしていたことに気付いた。

     ヤブデマリ
b0366871_19544336.jpg


中蒜山~上蒜山への稜線歩きは、

縦走感満点だった。
b0366871_20232831.jpg


写真でしか見た事のなかったイカリソウが沢山咲いていた。
b0366871_20244120.jpg


可愛い花が沢山ぶら下がっていた。

何だろう? 調べても分からず・・・。

クロモジ or グミ ?  クロモジのような・・・。 (ありがとうございます^^)
b0366871_20252073.jpg


ずっとガスの中です。
b0366871_20255187.jpg


何の花だろう?

やはり調べたけど分からず。

今回の登山で一番気になっている植物です。

ツクバネソウ と判明 (ありがとうございます^^)
b0366871_20264108.jpg
ご存知の方、教えて頂けると嬉しいです^^


チゴユリも初めての出会いだった。
b0366871_20273131.jpg


垂れた花穂?は揺れる簪を思わせた。

これも分からず・・・。

ウリハダカエデ のようです。(ありがとうございます^^)
b0366871_20283100.jpg


中蒜山~上蒜山への稜線はガスに包まれ、展望はゼロ

でも気持ちよく歩けた。
b0366871_20352750.jpg


PM12:52   上蒜山頂上 1,202m
b0366871_20362553.jpg

三角点は10分ほど藪漕ぎをした所にあるそうだ。



この木の花穂は上向き、何だろう。

調べても分からないものだらけで・・・。
b0366871_20375904.jpg


眺望がいいと言われる槍ケ峰はガスがかかり、

下山道が微かに見えるだけだった。
b0366871_01014568.jpg


僅かな時間だったが、

ガスが晴れ美しい光景を見ることが出来た。
b0366871_01023485.jpg

b0366871_22450825.jpg


檜林の中を下って行った。
b0366871_20405950.jpg


間もなく上蒜山登山口だ。
b0366871_20415968.jpg



登山口から駐車場へと向かう道路脇は、

沢山の可愛い花たちに彩られていた。

この花調べたけど分からず・・・。

キツネノボタン と判明。(ありがとうございます^^)
b0366871_20424925.jpg


     ツボスミレ
b0366871_20434085.jpg


何の蕾だろう。

これも凄く気になっています。

ウツギ の仲間のようです。(ありがとうございます^^)
b0366871_20443936.jpg
ご存知の方、教えて頂けると嬉しいです^^


仲良く並んでいたミツバアケビとアケビ、

覚えたての花に出会い嬉しくなった。

     ミツバアケビの花
b0366871_20452471.jpg

     アケビの花
b0366871_20511472.jpg


ガスに包まれ幻想的な雰囲気の中の登山となった。

延々と続く急登

私にはかなりハードだったがその分達成感も大きかった。

そして何よりもスタッフの方の気遣いに感動した。

Tさんの笑顔はとても素敵で、疲れた参加者に元気をくれた。

Tさん、ありがとうございました!


体力をつけて、もっと山を楽しめるようにしたいなと思った。



[PR]
by hibikorekouji2-2 | 2017-05-15 23:16 | | Comments(4)